親戚が乗っていたプレジデント

車の種類もワゴンか軽か、ベンツかBMWかといった程度の違いしか解らない私ですが、一度乗ったきりでも、これはすごい…となった車がありました。

その車の名前はプレジデントです。

秋田市に住んでいる親戚に一度乗せてもらったのですが、まず乗車前から「なんだかすごい高級感…」というオーラがあり、乗ってからもあきらかに他の車が道路を譲ってくれる感が、ものすごかったです。

運転していない人間なので、乗車させてもらってもどちらが優先されるルールだとか、暗黙の了解だとかはまったくわからないのですが、プレジデントに乗っていたときは、十字路でも信号でも、他の車があきらかに優先をしてくれていました。

当初は気のせいかな…とも思っていたのですが、さりげなく尋ねてみると、窓が黒いタイプだったので、多分社会的に因縁をつけられると、厄介な職業の人に思われているのではないかとのことでした。

その後調べてみたら、そういった職業の方の好む車のベスト5などに、確かにこの車の名前が乗っており、なんとなく道が譲られる理由に納得しました。

現在では残念ながら、売り払ってしまって今ではもう乗れないということなので残念ですが、乗り心地が最高だっただけに、勿体無く思います。

聞くところによると車買取秋田市というネットの一括査サイトで高額で買い取ってもらったと親戚の人は言っていました。

今は新しい車でレクサスという車に乗っているそうですが、レクサスも高級車なので今度、遊びに行った時には乗せてもらいたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です